息子との絵本の時間。

私の大好きな時間です。

借りてくる絵本を楽しんでいるのはもちろんですが、

家にある何十回と読んでいる絵本も相変わらず好きです。


絵本を読んでいると息子の反応や発見はすごく面白くて

絵本の世界と息子の気づきに2度美味しい思いができます。


乳幼児期に大切なのは

「読んでもらうということ。」

だと思います。


幼児期にもし自分で字を読むことが出来たとしても

しばらくは絵本を読んであげることをお勧めします。

文字を読みながらも絵も両方楽しむというのは意外と難しいものです。

お話の世界を体験するというよりも、文字をただ追うということに

一生懸命になりがちです。



絵本を読んでもらうということで

絵本のページの隅々までじっくり絵をみたり、発見したり、

その世界に浸ることが出来るのです。


絵本は小さなこどもにとってとても魅力的なおもちゃの一つです。

でも他のおもちゃと違うところはママの声(読み手)があってこそ

その世界をじっくり体験できるということだと思っています。


こどもとその世界を共有して親子で絵本の時間を楽しんでください。
Img_e511c40edaf89299b3fa3e636e975fd8
Img_753064d6fb1d26ee3171f58f28c0d6c8